Welcome to Makibino official website!

Back to Top

4月 2021

開墾した地に小麦の種を蒔いてから半年ほどが経った。 茎は腰ほどまでに伸びて穂もちらほらと見えてきた。 畑にいると飽きない。 それはまるで焚き火の火がパチパチと音を立てて燃えているのを眺めていることが心地いいあの時に似ている。