toggle
2020-03-01

三月一日 「縁と○」

丹波の実家で起床。部屋は昨日の薪の残り火で芯から温まるような暖かさだ。

今日から仕込みをやる予定だったが、まだ注文してある小麦も来ていないのでもう少し西に向かおう。

福岡を目指すことにした。

うつしきというギャラリーがある。前から気になっていたのだけれどもせっかくの機会なので訪れてみた。

2年前に佐賀でヒヨリブロートのイベントに帯同した時にカレーのアキンボ川岸さんのお手伝いで来ていた小西さんと再開した。今はうつしきでスタッフとして働いているそうだ。僕は初めて全然気づけなかったのだけれども小西さんは僕のことを覚えていてくれていた。この半年ちょっとのこともなんとなく察してくれているようでなんだか楽しくお話しができた。世間は本当に狭いしここで小西さんに会えたのもこの日うつしきを訪れたのもすべては○の一部なのだろう。

ここでの出会いもまた「光」に差し込むわずかな光の一部だ。

帰りに小野さんに教えていただいた豚骨ラーメン屋に寄る。スープが透明のとても澄んだ豚骨ラーメンだった。毎日食べたいぐらいだ。

今日丹波にとんぼ返りする予定だったけれど途中のパーキングで就寝することに。

明日は晴れるだろうか。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です